“緒形幹太”出演映画ロードショー決定!

『白い船』から 17 年・・・優しい映画が出来ました。
映画『高津川』公開決定のお知らせ
2019 年 11 月 29 日(金)より中国地方を皮切りに、全国ロードショー

『高津川』公式サイト
https://takatsugawa-movie.jp/

【STORY】
斉藤学(甲本雅裕)は山の上の牧場を経営している。歌舞伎の源流ともいわれる「神楽」の舞いは地元の誇 り、息子の竜也が神楽の稽古をさぼりがちなことから、多くの若者のように自分の息子もこの地を離れてしまうか、 心配している。そんな時、学の母校である小学校が閉校になることを知らされるのだが・・・

【作品のご案内】
この度、映画『高津川』が 2019 年 11 月 29 日(金)より中国地方を皮切りに、全国ロードショーすることが決
定致しました。本作は一級河川としては珍しいダムが一つも無い日本一の清流「高津川」を舞台に、人口流出に 歯止めのかからない地方の現実の中、歌舞伎の源流ともいわれる「石見神楽」の伝承を続けながらも懸命に生き
る人々の日常の営みを、力強く描いた力作です。
主演は映画、舞台、ドラマにおいて、その存在感と確かな演技力で活躍し続ける甲本雅裕。本作品が劇場映 画初主演となり、見事に無口で不器用な父親を演じた。表情や立ち振る舞いに繊細な感情の揺らぎが感じ取ら れ静かに問いかけるような演技が見ものです。更にヒロインには戸田菜穂、大野いと、田口浩正、高橋長英、奈 良岡朋子など実力派俳優が集結、等身大の姿で演じ切りました。監督・脚本は『白い船』、『RAILWAYS 49 歳で電車の運転士になった男の物語』の錦織良成。本作『高津川』で描かれたのは「現代の日本の【どこにでもあ る物語】」であり、音楽を聴くように、小説を1ページ1ページゆっくりと開いて読むように、スクリーンと心を通わせて
観て頂きたいと、期待を込めます。

―当たり前だからこそ、忘れてはいけない、大切なことがある。―

一級河川「高津川」。ダムが一つもない下流まで透き通った日本一の清流。その流域で暮らす人々の問題や葛 藤。それは、どこかの特別な話ではなく、誰にでも起こる、どこにでもあるもの。 「誇り」「伝承」「命」。何を守り、何を繋げ、どう生きていくのか。これは大切なものを守り、懸命に生きようとする 人々の物語。静かなメッセージが心に迫ります。

 

© 2019 映画「高津川」製作委員会

© 2019 映画「高津川」製作委員会

© 2019 映画「高津川」製作委員会

© 2019 映画「高津川」製作委員会

 

 

原作•脚本・監督:錦織良成(映画『白い船』『RAILWAYS 49 歳 電車の運転士になった男の物語』) 出演:甲本雅裕 戸田菜穂 大野いと 田口浩正 高橋長英 奈良岡朋子 ほか
プロデューサー:安川唯史 音楽:瀬川英史 撮影:佐光朗 照明:加瀬弘行 録音:武進 編集:日下部元孝 制作プロ クション:goen 配給: リー ックス
2019 年/カラー/5,1ch/ ビスタ/113分
公式サイト:takatsugawa-movie.jp
© 2019 映画「高津川」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です